資金が調達しやすい不動産担保ローン

返済するときに経済的な負担がかからないか

20年の返済期間ですが、まとまった資金が捻出することが出来る際に繰り上げ返済をして元金を大幅に減らすプランも考えています。
ですので自分としては、およそ10年ぐらいで完済することが出来ると見込んでいる訳です。
仮に返済することが出来なくなった場合は担保である相続した住宅を手放さなくてはなりませんし、そうなってくると入居している家族にも迷惑がかかるので責任は重大であると感じています。
事業は現在は順調ですし、何度か繰り上げ返済を行っているなど順調にいけば10年以内に完済できる見通しになっている状況です。
ちなみに今入居している家族が退去した場合はどうするのか不動産会社の方に質問してみたことがありましたが、その場合はまた入居者を探すので家賃収入が絶たれることはないと笑顔で答えてくれました。
その時は担当者の頼もしさに感心した訳です。
高額な借り入れをしたことがなかったため不動産担保ローンを利用する前は不安なことが多かったですが、不動産担保ローンを提供している金融機関の公式ウェブサイトを閲覧していると考え方が変わりました。
担保として利用出来る物件はどのようなものかや返済するときに経済的な負担がかからないかを充分に確認してから、不動産担保ローンを利用するように金融機関が解説をしてくれるからです。

不動産を遺産として譲り受けた | 返済シミュレーション | 返済するときに経済的な負担がかからないか | 不動産担保ローン利用しました